レディ

一般的なダイエットとは違った本気で痩せる取り組み

太った自分と決別する

ウーマン

プロの手を借りる

キレイになりたいと望んでいる女性にとって、ダイエットは最大の関心事になっています。いくら美容外科クリニックに行って豊胸手術を受けたとしても、お腹に大量の脂肪がついていては、バストアップ効果を実感することができません。また、鼻を高くする美容整形手術を受けた場合にも、同様のことが言えます。せっかく鼻を高くしても、頬の贅肉の中に鼻が埋もれてしまっては手術を受けた意味がなくなってしまいます。そもそも太りすぎていては、着られる洋服も限られてしまいます。それゆえ、理想の自分になるためには、ダイエットで美しいボディラインづくりを目指すことがとても重要になってきます。とはいえ、食事制限や運動によるダイエットを成功させるのは、簡単なことではありません。食事をとることを一切やめてしまえば短時間で痩せることができますが、肌がボロボロになってしまいます。また、必要以上に頑張りすぎてしまい、鶏ガラのような体つきになってしまう人もいます。ダイエットを行っている本人からすれば、短時間で目に見える結果を出せる方が嬉しく感じられます。しかし、ダイエットのやりすぎで悲惨な状態に陥ってしまうケースが多々あります。太っているよりも痩せている方が美しいは事実ですが、本当の意味で美しいボディラインを手に入れたいのであれば、プロの手を借りるのが一番です。痩身施術を受けられる専門施設にはエステサロンと美容外科クリニックの2つがありますが、実効性や即効性に優れた施術を行っているのは美容外科クリニックです。口コミで評判の美容外科クリニックに行って痩身治療を受ければ、短時間でキレイなボディラインになることができます。

おすすめの治療

美容外科クリニックの痩身治療といえば、脂肪吸引が有名です。体の中に吸引管を挿し込んで余分な脂肪を直接吸い出してしまう方法ですから、短時間で確実に体を細くすることができます。昔は、出血量が多いハイリスク手術というイメージがあった脂肪吸引ですが、近年になってベイザー脂肪吸引が開発されたおかげで、脂肪吸引のハードルがグッと低くなりました。脂肪を吸引する部位にベイザー波を照射すると、脂肪細胞がドロドロに溶解されます。溶けた状態のものを吸い出すのですから、周辺組織に余計なダメージを与えずに済みます。また、吸引時間が短縮されるため、患者の体力を消耗させてしまう心配もありません。このベイザー波には、皮膚や血管、神経などは傷つけずに脂肪細胞だけを破壊する力があります。そのため、出血量を必要最小限に抑えることができるのです。一昔前の脂肪吸引のように輸血が必要になることはまずありませんし、術後の入院も不要です。料金は少し高めですが、体にかかる負担が少ない脂肪吸引を望んでいる人には、ベイザー脂肪吸引をおすすめすることができます。このベイザー脂肪吸引以上の低侵襲治療を望んでいる人には、メソセラピーやキャビテーションをおすすめします。メソセラピーというのは、脂肪溶解注射で脂肪細胞を溶解する方法です。もう一方のキャビテーションは、超音波の力で脂肪細胞をドロドロに溶かしてしまう方法です。脂肪吸引のように体を切って溶けた脂肪を体外に排出させるわけではないため、短時間で痩せることはできません。しかし、体がほとんどダメージを受けないので、日常生活への影響を心配する必要がなくなります。